プレハブ増築部分の解体2

プレハブ増築部分の解体2

皆さんこんにちは、脇坂です。今回は以前お話していました、違法建築物のプレハブ増築小屋をどうしたかについて、お話していたと思います。まずは以前の状況がどうなっていたのかですが、下の写真の様になっていました。

プレハブ増築部分の解体2

本体の鉄骨造4階建ての建物にくっつく形で、プレハブというか、木造の小屋が建っていました。この建物は奥の建物と全く接続されておらず、また内部も階段などは無い造りとなっており、「大きな物置小屋」と言った方が良い建物でした。

このままこの建物を放置しておくと、現状でも内部の木材が朽ちており、最悪は倒壊するおそれもありました。ゆえにここの所有者からは「解体して欲しい」という結論を頂き、今回の解体工事となりました。

プレハブ増築部分の解体2

結果はこの様になりました。前面のプレハブが無くなり、後ろに隠れていた鉄骨造の建物が明るい陽を浴びて解放感あふれる土地になりました。

プレハブ増築部分の解体2

建物の横の部分はこんな感じになりました。プレハブの建物は隣地境界線をはみ出していましたので、この状態を無くさない限り、売買もままならない状態の土地建物となります。今回はこのプレハブ小屋を解体する事で、法律的にも合法な状態に一歩近づいた訳ですが、この奥の鉄骨造の4階建てビルも少し問題が残っています。

次回はこの奥のビルについて、どうすればお客様に最善のコンサルティング提案が出来るかを考察したいと思います。

記事一覧へ

  • 土地の売却
  • x
  • 空き家売却
  • =
  • SANWACORP

土地・空き家売却お任せください!

  • 電話で相談 082-555-0294
  • 受付時間9:00~18:00

    定休日日・祝